Q&A/レーシックで乱視は矯正可能か?

Q.乱視のある場合でもレーシックは可能ですか?

 

A.レーシックでは乱視は治らないと決め付けている医学的知識のない方がいますが完全に誤りです。ハードコンタクトやコンタクトレンズで視力矯正できているなら、乱視の方でもレーシックで視力を回復することできます。乱視の方は角膜が丸い状態ではなく、複雑な形をしており、ラグビーボールのような状態になっています。これをレーザーによって矯正することによって、球面のような状態の角膜を形成していきます。これにより乱視の視力が矯正されます。

 

Q.乱視が強いとレーシックを受けられないと聞きましたが?

 

A.乱視が強いとレーシックを受けられないと思っている方がいますが、現在ではiFSイントラレースレーザーという最先端の医療機器を使用しています。これは厚生省に認可されているレーザー治療器であり、正確なフラップを形成することが可能です。従来のイントラレースやZレーシックなどでは乱視の方に特徴的である角膜の複雑さに対応できないため手術ができないとされてきましたが、今現在では乱視の方でも可能となっています。

 

Q.乱視の場合、レーシックのオーダーメイドの治療できるのでしょうか?

 

A.はい。ハードコンタクトレンズと同等かそれ以上の視力を求められる場合には、乱視矯正用に開発されているZZレーシック、iFSアイレーシック、iFS Ovalイントラレーシックなど多数の優れた医療機器があります。術後に問題となるまぶしさを感じるグレアや光がにじんで見えるハロなどを極力抑えることに成功している医療機器です。

 

 

銀座近視クリニック@乱視のレーシックなら実績5万5000件突破のココ!

 

乱視の方のレーシックの口コミ・評判・体験談(5件)@コンタクト要らずで快適

 

レーシック乱視についての無料説明会@無料検査もあり安心おすすめ